FAQ

よくある質問

ドクター水素ボトル

●水素水・水素ガス生成に関する質問

水素は可燃性ガスですが、燃焼を助ける支燃性ガス、空気中では酸素が存在しないと燃えることができません。
支燃性ガス(酸素)とのガス濃度の範囲で着火源が存在するときに爆発します。水素の爆発濃度範囲は空気中では4%~75%であり、空気中の水素濃度が4%以下もしくは75%以上では爆発しません。

日常生活の中で室内の水素濃度が4%以上にすることは容易ではありません。
例えば、6畳部屋サイズ(3.6m×2.7m×天井高2.3m)に水素を充満させると、 6畳部屋の容積は22.356 m3であり、その4%を計算すると0.89m3(=890,000cm3)になります。

約100%水素ガスを毎分10.5cm3(mL)発生するドクター水素ボトルを室内に設置し、連続運転させると仮定します。水素ガスが漏れないよう室内を完全密閉できたとして、およそ59日かかる計算になります。また、水素は分子量が小さいのですぐ拡散し部屋の壁などを通過するので、一般的な日常生活では、まず大きな爆発することはありません。

通常使用でのドクター水素ボトルの水素吸引は、カニューレ出口で約83%(831,170ppm)ですが、人の吸引(呼吸)での鼻腔内は一瞬にして約0.45%(4,485ppm)になるので通常の使用では爆発することはありません。

ただし、ドクター水素ボトルから発生した水素ガスを特殊な袋にためて着火すると爆発する恐れがありますので、特殊な使用はやめてください。

6時間以上放置しても、水素は10%程度低下するのみです。しかし効果を高めるため、できるだけ出来立ての水素水を飲用することをお勧めします。生成した水素水は24時間以内に飲用ください。

持ち運び用のミストボトルは真空タイプなので、1週間程度の保存は可能です。

浄水器を通していない水やお茶・ジュースは電極部が汚れるため、劣化しやすくなり故障の原因になります。市販のミネラルウォーター・市販の精製水をおすすめします。

水の量が少ないと気層の空気が多いため生成された水素が薄まり、高濃度の水素が排出されるまで時間がかかります。水素生成能力を最大限に発揮させるため、水は250メモリ以上入れてください。

水素ガスを吸入時は、専用ボトル内の空気層が狭いほど高濃度の水素ガスを吸引できます。

専用ボトルには300mlまで水が入るので、水の量は250~300でもかまいませんが、目一杯の水を専用ボトルに注ぐと、ボトルキャップを閉めるときや、転倒した際に水がこぼれやすいので、250を目安にしています。

250mlの水に水素ガスが400(マイクログラム)溶けています。

水素ガス吸入(30分モード)使用毎に水を入れ替えてください。水素水を30分間生成することで中の水が熱をもちます。熱をもった水は電極部の故障の原因になります。

「銅イオン」のにおいだと思われます。どんな水であっても発生しますが、有害性ではなく体には有益です。ドクター水素ボトルは水素生成能力が高いため、「銅イオン」の発生が高くなります、においが気になる方は、精製水を使用するとにおいが軽減できます。

ドクター水素ボトルのボトルキャップには疎水フィルタ(水を通しにくく、ガスは通りやすい)を採用しておりますので、1度や2度逆さまにしても水を通しませんが、疎水フィルタにも限界があります。

水が入った状態で長時間転倒、逆さまにした場合や、何度も連続で逆さまにすると、フィルタ内に水が通ります。その場合は、キャップの内側のフィルタ周りについた水滴を乾いたティシュで拭き、手の平にティッシュを乗せカニューレ接続口を手のひらに向けて、トントンと叩いて水を抜いてください。

●カニューレについて

装着部は使用毎に除菌はおこなってください。1ヶ月~3ヶ月で交換してください。

●電源・充電に関する質問

電源スイッチはタッチパネルなので、スイッチを押すではなく軽くタッチしてください。5分水素生成モードは、1秒間タッチして手を離して下さい。「ピッ」が1度鳴り青色LEDが点灯します。30分水素ガス吸入モードは3秒以上タッチし続けて下さい。「ピッ」が2回鳴り、緑色LEDが点灯します。

・LEDは赤色に点灯していますか?LEDが緑色の場合は満充電状態です。

・USBポートにUSBケーブルがしっかり挿し込まれていますか。

・USBケーブルとACアダプタにしっかり接続されていない。または、ケーブル内が断線している。USBケーブル(A)オス-USB(Type C)オス)を購入し、再度充電してみてください。

内部バッテリーが劣化しています、販売店に内部バッテリーの交換を依頼してください。

赤色点滅の充電残量がなくなった状態で、充電後、約1時間半で満充電になります。

連続使用回数は2回です。本体が熱をもてば、間隔をあけてください。30分モード水素ガス吸入は、使用毎に中の水を交換してください。過度な連続使用は故障の原因になることがあります

ACアダプタは5v/Aまで、USBケーブルは(A)オス-(Type-C)オスであれば使えます。なるべく純正をおすすめします。また、ACアダプタの急速充電器は使用しないでください。

水素ガス吸入(30分モード)は2回使用後、水素水生成(5分モード)7回程度使用後、充電してください。本体の充電がなくなれば、生成途中でLEDが赤く点滅し「ピッ」が3回鳴って、水素生成が停止します。LEDが赤く点灯後は充電量が低下しているため、充電しながら使用しないでください。大きな負荷がかかり故障の原因になります。充電量が極端に低下していた場合は充電中も赤く点滅しますが、充電量が一定になると点灯状態に戻ります。

水素ガス吸入(30分モード)の場合は最大2回、水素水生成(5分モード)の場合は7回程度使用可能です。DHBの水素の発生量はWHBの約3倍なので、その分電力の消費も大きくなります。

使用できますが、必ず満充電状態にしたあとに充電しながらご使用ください。充電しながらの使用可能回数は5分モードで15回、30分モードで5回です。その後は絶対に使用せずに充電してください。

また、充電が低下した状態(赤色点滅・途中停止)では絶対に充電しながら使用しないでください。

※補足:通常であれば内蔵電池保護のため、充電残量が20%以下になると赤点滅で停止しますが、充電中に使用すると途中停止せず内蔵充電量を0まで使い切ります。内蔵電池は20%以下の電池量を使うことで劣化のスピードが極端に早くなるため、充電しながらの使用回数に制限をかけました。

充電中は赤色が混じりLEDの色は5分モードが青色➡紫色、30分モードは緑色➡水色に変わります。

充電中は本体が熱をもちますが、問題ありません。ですが、充電しながら使用すると充電スピードより使用消費電力が高いため、通常より大きな負荷がかかり故障の原因になります。充電しながらの水素生成はしないでください。水素生成連続使用時に本体が熱くなれば、時間間隔をあけてください

●電極部について質問

故障の原因になるので電極部には直接触れず、取扱説明書にあるクエン酸洗浄をお試しください。

電極部に浄水、または市販のミネラルウォーター、市販の精製水をいれて、1時間おいてください。電極劣化の原因になるのでなるべく乾燥しないように気を付けてください。

取扱説明書にある、クエン酸洗浄方法をお試しください。それでも改善しない場合は電極部が損傷している場合がありますので販売店にご連絡ください

●その他の質問

充電は1ヶ月に一度おこなってください。電極部が乾燥しないよう、本体キャップを閉めた状態、または本体と専用ボトルをセットした状態で、電極部に浄水・市販のミネラルウォーター・精製水をいれて保管してください。使用時は中の水は入れ替えてください。

電極部:使用方法・状況によりますが、正しい使用方法、2,000時間使用できます。

内臓電池:過度な負担をかけない使用方法で、500回程度の充電後交換が必要です。

使用に問題ありませんが、水分摂取制限されている方や心配な方は、一度医師に相談してください。

付属のACアダプタは、100V~240V仕様です。海外使用の際その規格範囲であれば問題ありません。

有償で可能です。ただし故障部位によりますので、まずはご購入頂いた販売店にご相談ください。